The Intellectual Wilderness There is nothing more useless than doing efficiently that which should not be done at all.

2021.06.4 09:26

確率事象

いくつかの無駄な考え:

  1. 天地万物はプランク限界でピクセル化されています。
  2. エベレットとボーアの解釈はどちらも正しい: 宇宙は遅延評価され、未来は「記憶」するには費用がかかりすぎる.
  3. 相対論的効果は、イベントの評価に必要な伝播遅延と削減バジェットのために発生する創発現象です。
  4. 確率は文脈から外れて滑らかに見えますが、ピクセル化とイベント順序の依存関係により、無限に小さな確率のイベントが実際に発生することが制限されます。
  5. 実数は偽物であり、有理数は実数です。 すべての数値には有限の解像度があります。
  6. 上記の点のために、残念ながらかなり多くの数学が間違っています (たとえば、真のタンジェントは、単一の値ではなく、そのスコープによって制限される範囲です)。 しかし、偽の数学は、その大部分が真っ赤な嘘であると認めれば、工学を完成させるのに十分に妥当な近似値です。
  7. 人は、自分の幻覚に夢中になりすぎて、上記のことを注意深く考えることができません。

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

Powered by WordPress