用語:「暗黙の偏見」

「暗黙の偏見」(「無意識の偏見」または「アンコンシャスバイアス」)

英語の元文書へのリンク:Implicit Bias (New Discourses)

社会正義の用法

出典:レースと民族性の研究を行うカーウォン研究所 (The Kirwan Institute for the Study of Race and Ethnicity)

暗黙の社会認知とも呼ばれる暗黙の偏見とは、無意識のうちに私たちの理解、行動、および意思決定に影響を与える態度やステレオタイプを指します。これらの偏見は、好意的および不利な評価の両方を含み、個人の意識や意図的な制御なしに無意識に活性化されます。これらの偏見は、潜在意識の深層に存在し、社会的および/または政治的な正しさを目的として隠すことを個人が選択する既知の偏見とは異なります。むしろ、暗黙の偏見は内省を通じてアクセスすることができません。

潜在意識に抱く暗黙の連想は、人種、民族、年齢、外見などの特徴に基づいて他人に対する感情や態度を持つようにさせます。これらの連想は、非常に幼い時から始まり、直接的および間接的なメッセージにさらされることを通じて、一生の間に発達します。早期の人生経験に加えて、メディアやニュース番組も、暗黙の連想の起源としてよく引用されています。

解説

アンコンシャスバイアス(または無意識の偏見)は、特定の社会集団(読者:アイデンティティ)に対する特定の性質のステレオタイプを無意識のうちにほぼ完全に帰属するものです。例えば、黒人に対する暗黙の偏見を持つ人は、自分自身を黒人に対しては差別主義者ではない、あるいは反差別主義者であると考えるかもしれませんが、黒人に関する態度(例えば反黒人主義)を示したり、黒人に関する人種的ステレオタイプを持っていたりする場合があります—これらの偏見は、意識的な認識の下に存在します。さらに悪質なことに、暗黙の偏見は、ステレオタイプのレベルに至らないいくつかのアイデンティティ要因に対して非常に一般的な(否定的な)関連性を持つことを指すこともありますが、これらは他のアイデンティティ集団のメンバーに対する直感的または認知的評価に非常に微妙な違いを生み出す可能性があります。

最後のポイントを理解するためには、暗黙の偏見(または暗黙の関連性)テストが暗黙の偏見を検出する手段と見なされています。このテストの進行方法は、特定のバレンス(例えば、肯定的対否定的、科学対非科学など)を持つ単語をいくつか提示し、代名詞、人の画像、または人種的にステレオタイプ化された名前など、アイデンティティの指標をいくつか提示します。テストでは、肯定的なバレンスの用語が1つのアイデンティティに関連付けられ、否定的な用語が他のアイデンティティに関連付けられる場合と、それらが切り替えられる場合の、特定の関連付けタスクを人がどれだけ速く完了できるかを注意深く追跡します。根本的な仮定は、特定のアイデンティティに肯定的なバレンスのアイデアを関連付けるのに時間がかかる場合、それは学習されたが暗黙の偏見に起因するというものです。例えば、科学の単語を女性と関連付けるのに男性よりも時間がかかる場合、テストは科学の領域における女性に対する暗黙の偏見を示すでしょう。これらの研究の多くは深く疑問視されており、それが実際に何を示しているのか、または実践において特定の適用があるかどうかについて非常に深い疑念を持たれています(たとえば、実践での適用に反対する証拠の方が、適用に賛成する証拠よりも多い可能性があります)。

暗黙の偏見は、重要性が極めて高いとされている批判的社会正義理論にとって極めて重要な要素です。そこでは(そしてある程度はそれ以上でも)、これらの偏見は経験や学習された関連性に根ざしており、しばしばアイデンティティに基づく権力のシステムやそれを支持し自然化する「イデオロギー」に社会化されることによって説明されます(また、偽の意識も参照)。批判的社会正義理論やそれから派生する多くの活動は、暗黙の偏見を、その全体的なシステム的不正義の理論が展開する偽の意識の種類に関する強固な証拠とみなしています。その最終的に批判的な使命(つまり、不正義が主に正当に特定されずに批判されない不公正な権力のシステムから生じると常に信じてきた使命 – 批判理論も参照)と一貫しています。それが実践で主張することの多くは、暗黙の偏見の根本的原因を探り、それらを根絶するためにそれらと取り組むことに帰着します(また、批判的意識、意識の向上、ウォークネス、内面化された支配、内面化された抑圧も参照)。単なる人種差別反対ではなく、アンチレイシズムは明確にそのようなプロジェクトです。

批判的社会正義理論は、暗黙の偏見の(それにとっての唯一の)原因についてのその解釈で非常に明確です。実際にはどのような混乱要因があるかもしれませんが、理論は、暗黙の偏見が、社会が決定する役割や価値(通常は公平なアクセスによって測定される)についての社会構築されたアイデンティティカテゴリーに属する個人についての社会化の結果であると完全に理解しています(また、位置性も参照)。つまり、理論は、どの人間でも本質的に意味のある違いがない(ブランクスレーティズムも参照)、すべてのカテゴリーが最終的には架空のものである(社会構成主義も参照)と考えており、異なる文化的価値を持つことによってほとんど影響がない(文化的相対主義も参照)、したがって、どんな違いも社会的アイデンティティグループ間の力学の中に存在する不正義の結果であるという仮説を立てています。要するに、理論は、異なるアイデンティティグループのメンバーが異なる価値を持っていることを学んだという事実が、社会が構造化されるとされるさまざまな不正義で交差する力学に反映されているため、暗黙の偏見が存在すると述べています。 (注:理論は、優位な文化的価値を持つことの負の影響があると信じています。これにより、バイアスが原因で害、排除、マージナライゼーション、抑圧、およびトラウマが発生します。)

微侮り(少数派グループのメンバーに、彼らが支配的なグループのメンバーではないことを示す微小な侮辱のようなもの)を見る方法と似ているように、批判的社会正義理論は、システム的な不正義として通過する多くのものが、多くの微小な暗黙の偏見の集合効果の結果であると考えます。例えば、人々(特に白人か日本人)が黒人を肯定的な言葉や女性を科学に関連付けるのに通常よりも少し時間がかかる場合、そのような場合のいくつかでは、不当な即座の決定がこれらのことについて下されるか、あるいは他の些細な負の結果が現れるかもしれません。集計すると、何十億もの社会で行われたそのような意思決定が、ある一定の期間にわたって、これらの少数派グループのメンバーにとって重大な負の影響を生み出すでしょう。

この曖昧に定義された、主張される因果関係の力は、その後、「制度的な人種差別」などの用語の一部として重要な位置づけられるようになりました。これは、任意の特定の相互作用やイベントではなく、不均衡(不公平な)結果を解釈して、システムに内在する不正義の証拠と見なされることがあります。しかしながら、ここで言及されているシステムが何を指しているかについて一度考えてみる価値があります。それは、人々の無意識の考え方のシステムであり、それは彼らがそれらの誤った無意識の考えを持つ可能性のある社会内のあらゆる要素によって社会化されたと信じられています。このシステムを他の側面とともに(制度的、文化的、知識、言語/論述など)は、批判的社会正義が我々に解体、破壊、撤廃、転覆、そして最終的には完全な社会革命を行うことを要求するものであり、これは一切の不正義を許容しない――それが正義と定義するものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.