用語:「暗黙の偏見」

暗黙の社会認知とも呼ばれる暗黙の偏見とは、無意識のうちに私たちの理解、行動、および意思決定に影響を与える態度やステレオタイプを指します。これらの偏見は、好意的および不利な評価の両方を含み、個人の意識や意図的な制御なしに無意識に活性化されます。これらの偏見は、潜在意識の深層に存在し、社会的および/または政治的な正しさを目的として隠すことを個人が選択する既知の偏見とは異なります。むしろ、暗黙の偏見は内省を通じてアクセスすることができません。

潜在意識に抱く暗黙の連想は、人種、民族、年齢、外見などの特徴に基づいて他人に対する感情や態度を持つようにさせます。これらの連想は、非常に幼い時から始まり、直接的および間接的なメッセージにさらされることを通じて、一生の間に発達します。早期の人生経験に加えて、メディアやニュース番組も、暗黙の連想の起源としてよく引用されています。